住みたい家を

2014/11/13

住みたい物件を決めたあとは契約が必要になってくるのですが、その契約についてです。 物件を下見した後は、なるべく早く申し込みをしないと、せっかく気に入った物件でも、他の人が先に入居してしまう可能性もありますので気を付けましょう。 では、いざ契約をするとなった時に何が必要なのでしょうか。 物件によって異なるのですが、契約の際には最低でも「住民票」、「印鑑証明」、「保証人の同意書」、「源泉徴収票等収入が証明できる書類」が必要となってきます。 「私は会社勤めではなくて自営業なんだけれど、そういう時は収入に関する書類はどうすればいいの?」という方は、「納税証明書」等の書類が必要な場合がありますので準備をしましょう。 他にも物件や場合によっては様々な書類が必要になりますので、不動産会社や大家さんに、きちんと必要なものを確認し、契約が滞ったりすることがないようにしっかり準備をしておくことが大切になってきます。

ページの上部へ