決めたらこれを

賃貸には必ず「敷金・礼金」が記載されていますよね。 フリーの冊子を見ても、不動産のホームページを見ても書かれていると思います。 ではここで改めて、「敷金・礼金」とは何かというのを確認したいと思います。 ちなみに、関西と関東では少し呼び方が違うようで、敷金のことを保証金と呼ぶそうです。 さて、まずは敷金と保証金についてです。 意味としては、先に書いたように地方によって呼び方が違うだけでどちらも同じ意味となります。 敷金や保証金の目的としては、引っ越すときの修繕費や家賃滞納時にここから差し引いてまかなわれます。 大家さんからすれば、どんな人が部屋を借りてくれるか不安になるもので、気の荒い人で器物破損があったりそうでなくても家賃を滞納する人も中にはいます。 そういった場合の保険として敷金を納めることになっています。 これは退去する時に特に問題がなければ全額返金されます。 次に礼金、仲介手数料ですが、こちらは敷金と違って手元に戻ってこないお金です。 礼金という名前の通り、「部屋を貸してくれたお礼」なので返ってきません。 この礼金というのは、戦後間もない、焼け野原で住む場所もままならない状況の時に住む場所を提供してくれた人に対し、感謝の気持ちとしてお金を包んだことが始まりとされています。 これが習慣化し、今でも続いているのです。 しかし、今の日本はすっかり平和になり住む場所もたくさんありますので、「礼金0円」という物件が増えてきています。 仲介手数料は、間に不動産屋が入り契約がスムーズに行くよう助力してくれることが多いのですが、そのお礼として不動産屋に払うお金です。 これに関しては、不動産屋によって金額が異なってきますので確認が必要です。 「礼金0円」設定の物件の場合、仲介手数料が少し高めに設定されていることもありますのでどちらが良いのかの判断も必要になってくるでしょう。 家賃以外にもかかってくる「敷金・礼金・仲介手数料」ですが、今はホームページなどにも情報が多く乗っているので見比べが大切ですね。

ページの上部へ